介護空間に存在する特有のニオイは、一般的に尿や便のニオイが原因とされていましたが、臭気成分を詳しく調査した結果、「尿臭」「便臭」に加え、成人男性の寝室でも検出される「汗臭」「加齢臭」、さらに「湿布」のような臭気をもつサリチル酸メチルの存在を確認。
5つの臭気が複合的に混じり合うことで、特有な『介護空間の複合臭』が生まれていることが分かりました。

488

■参考1:日本家政学会第70回年次大会(2018年)「在宅介護における室内環境の臭気調査」
■参考2:第31回におい・かおり環境学会(2018年)「在宅介護における臭気の測定と評価」

被介護者が普段最も長く生活する部屋に捕集媒体を設置、収集した臭気成分を機器分析及び官能評価を行い、在宅介護空間における臭気成分の定性分析を実施した。

介護空間には、様々なニオイの発生源があります。これらのニオイが混ざり合った『介護空間の複合臭』が、介護特有のニオイとなって、空間に漂っています。

生活空間のニオイに加え、介護空間特有の臭気成分も含まれている「介護空間の複合臭」。
通常の消臭剤などではニオイが混ざり合い、より複雑なニオイになってしまうこともあるため、エステーは「介護空間の複合臭」に有効な対策商品として「エールズ」を開発しました。

「5D消臭」処方

「介護空間の複合臭」に適した「5D消臭」処方採用で、介護空間をしっかり効果的に消臭します。

2つの消臭方法

強い香りでニオイをごまかす一般的な消臭剤と違い、エールズでは①化学的消臭と②感覚的消臭の2つの方法によって消臭しています。

01化学的消臭(中和消臭)

介護空間の中でもニオイの強度が強い尿臭に含まれるアンモニア(アルカリ性)をクエン酸(酸性)によって中和消臭をする、化学的消臭というメカニズムで臭気成分を無臭化させます。

02感覚的消臭(ペアリング消臭)

上記の化学的消臭に加え、特別な香料を使用して臭気成分を香りの一部分として取り込んでしまうペアリング消臭を採用。悪臭をよい香りにする感覚的消臭という方法で介護空間独特のニオイを感じさせないようにしています。